本園では「人に愛され、心のやさしい子どもを育てる教育を」を建学の精神とし、人的環境や物的環境を整え、子ども達がこれらの環境に関わりながら活動し、友達と助け合ったり励まし合ったり悲しみを分かち合う中で感情や情操が育ち、充実感や安定感を身につけ、やさしさや思いやりなどある心の優しい子どもを育てると共に、自然に生きる植物や動物等に親しませ、美しい植物、かわいい動物等に触れたり観察したりしながら生きることを知り、それに対して感謝と命の尊さなどを知らせ、国民性を育て、人間形成の基礎となる「心」の教育を行っています。また、日本の伝承行事や伝統を教え、国際的視野で物事を考える事のできる子どもを育てています。

 
 
  遊びを通して、豊かな感性を身につけ、人とかかわる力を育てる保育を目指す。  
 

年長組のねらい 集団生活の中で、創造的で豊かな感性を表出し、様々な創造的活動を通じて、人とかかわることの大切さを味わう。
年中組のねらい 遊びの中で、自分の思いを友達や保育者と共有し、様々に表現することによって、豊かな感性を養う。
年少組のねらい 園生活に親しみ、いろいろな遊びを創造しながら、基本的な生活の習慣づくりや人とかかわることの楽しさを知る。
最年少組のねらい 喜んで幼稚園に通い、いろいろな遊びをしながら、基本的な生活の習慣があることに気づき、遊ぶことの楽しさを知る。
【遊びを通して】
  子ども達は遊びの中で、考えを深め、工夫を凝らして、発明や発見をします。それと同時に、身体を鍛え、心身の調和を図り、遊びによって共同作業を覚え、友達を意識し、自分自身をも意識していくので、保育の基本は遊びと考えています。
【豊かな感性】
  感性とは、人の心やもののあり方を自然に感じる力と捉えています。知識の基礎作りよりも感性の基礎作りに力を入れています。
【人とかかわる力】
  子どもは環境から、自分の経験と比べながら自分なりのイメージを描きつつ、自分なりの遊びを創造していきます。友達の活動や表現を見たり、保育者との会話などによって、お互いに共感し合いながら、のびのびと表現し、活動し、具体的なイメージを確かなものにしていきます。
友達との同じ所や違うところを見つけて、自分というものを発見しながら、自分以外の存在を意識し、友達と共感し合える活動を通して、コミュニケーションの能力を芽生えさせる必要があります。


青葉幼稚園ホームページへ戻る